Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 色々とやってます。 | main | S1燃料ポンプ交換 >>

急いで直しました。

2018.06.19 Tuesday
0
    S1エリーゼのエンジン
    冷却水にオイルが混じるトラブル

    ロータスを
    長くやってますが
    ちょっとここまで酷いのは
    初めて見ました…。





    サーモスタットの中も


    茶色のは
    手ですくっても
    伸びる程に粘度があって
    かなり前から混入していたかと
    思います。

    予算や修理時間を
    考慮して
    エンジン交換になりました。





    腰下は
    中古ベースに
    ライナー、オイルポンプ
    ウォーターポンプ
    ピストンリングを新品にしました。



    腰下が組めたので
    ヘッドは段付き修正に
    面研して強化リテーナーを組み付け。

    代わりの
    エンジンが組み終わったので

    駄目なエンジンを下ろして



    エンジンを搭載。


    戻り側の
    冷却ラインまで
    オイルが回っています…。

    という事は
    ラジエターやヒーターコアまで
    オイルだらけになってますよね…。
    外して清掃?
    そんな予算も時間も無いですよね

    どうしようかなぁ〜
    って
    色々と探して

    水に混じったオイルを
    混ぜる中和剤なる物を発見しまして
    使用してみました。


    エンジンを掛けて
    エア抜き
    サーモスタットが開く温度まで
    上げて
    中和剤が全域に回って
    分離していたオイルが混じって
    来ました。

    この冷却水を
    抜いて
    また中和剤を入れての作業を
    繰り返しました。
    最後に
    ウォータージャケットに
    水道ホースを突っ込んで
    綺麗になりました。
    そして水を抜いて
    LLCを入れて…


    面倒な作業で
    実際は結構な時間が
    掛かってます。
    リアエンジンのエリーゼは
    水のラインが長いので
    水を回すまでに時間が掛かって
    大変なのですが
    とても綺麗になりました。

    綺麗になった写真が無いですが
    バッチリ綺麗になりました。

    comments(0) | -

    Post a Comment






    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.