Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< S1 点検 &アライメント | main | 吸排気 仕様変更 >>

111cup 第3戦

2018.07.08 Sunday
0
    111cupでしたので
    筑波サーキットに行ってきました。


    前回の2戦から
    調子を崩している
    19号車を今回は担当しまして
    不具合や足などの
    仕様変更を少しずつ
    作業をしていました。


    担当したからには
    乗りやすく
    戦闘力のある車になって欲しいので
    1発のタイムより
    決勝の後半
    最後までなんとかなる車に…
    という感じでしょうか。

    最初は触媒ブローだったのですが
    修理後の走行で 始動困難やサーキット走行中に
    失速など…

    良い時は
    良いのですが
    ダメな時は何かおかしな事に
    なっていて
    上手く治らない感じでした。



    こんな感じだと
    乗るのが嫌になってしまいますよね…
    最初は ECUを疑って作業していましたが
    そのうちに
    症状が更に悪化して
    燃料ポンプからみという所まで
    解ってきました。




    配線図を見ながら…。
    うーん… 燃圧につながる
    電圧低下になりそうな所は
    全部を対策しました。

    ポンプはかなり
    いい価格なので
    簡単には交換はしたくないので
    今回はこの対策。


    走行距離や年式からも
    ポンプ単体とは考え難いし…
    レースまで日がないので
    答え合わせは当日になりました。




    試運転でかなり踏みまして
    大丈夫なハズ…。


    こちらは
    86号車

    クラッチとフライホイールの交換

    小倉の軽量フライホイール
    かなり軽いので
    車両の軽量化にも貢献してます。




    ノーマルクラッチから
    異音が出ていましたので
    EXEDYでちょいアップです。

    ツインやメタルなど
    張り切って買ったクラッチは
    ミッションブローに繋がります。

    圧着力が上がったって
    車は速くならないですし

    シフトダウン時など
    ある程度
    クラッチが滑らないと
    トヨタのC60は
    ファイナルが壊れます。

    ミッションが壊れるより
    クラッチが壊れる方が良いという
    普通の考えです。



    そして決勝
    73号は
    いつものポールポジション



    心配な
    19号車は
    3番手


    変な症状も無く
    今の所は調子が良いです。


    気持ち的には
    なんとか
    ライバルの18号車の前に
    出て欲しいのですw

    決勝で
    車が上手く走れば

    後はドライバーが
    何とかしてくれる筈です…。
    そんな車になってるハズ…。




    決勝は
    不具合も発生が無く
    無事に終了しました。

    結果は111cupのHPでも
    見て下さいマセ



    いや〜
    よかったヨカッタ

    暑い中
    皆さまお疲れ様でした〜
    comments(0) | -

    Post a Comment






    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.