Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 整備主任者講習 | main | 今週の感じ >>

2ZZ C60 ミッション

2018.11.21 Wednesday
0
    2ZZ エキシージのミッション
    LSDの取り付けをしました。


    2速の入りが悪いとの事で
    修理をしながら
    LSDや軽量フライホイールを
    取り付けるという

    2ZZ では
    よくある作業です。

    車両はSC付きで
    見た限りでは
    一度もミッションを降ろして
    居ない様子。

    クラッチも踏むと ぎこちない感じで
    各部のグリースがカチカチです。

    10年も経つ車両ですから
    摺動部も良い動きになるように
    バッチリ仕上げますよ。
    ミッションを降ろして。

    分解して行きますが
    どんな風なのか
    色々と説明して行きますね。

    写真でも解ると思いますが
    レリーズベアリング周りは
    グリースも飛んで
    錆び色に…
    動かすとスムーズに動かない感じです。

    クラッチの切れは
    ギアの入りにも関わるので
    クラッチが原因で
    シンクロが駄目になる事も
    あります。



    5速と6速は
    別の部屋に居て
    圧入してあるので
    トヨタ専用の
    SSTを使って抜いて行きます。

    社外のプーラでも良いのですが
    コストカットで
    ギアの強度もカットされてますので
    ちょっとの事で
    歯が欠けたりしますので慎重に…。


    5速と6速を外して

    ケースを分解。



    こんな
    感じになってます。



    バラして各部をチェックして行きます。
    しっかり分解して
    よく見ないと
    傷んでいるのが
    解らないんです。

    こちらも圧入されていて
    バラすのが面倒ですが
    C60は部品の強度が低いので
    要注意です。



    こんな風に
    プレスで抜いて行きます。

    2速はやはり
    グッチャリ崩れてました。


    こちらはギア


    こちらはスリーブ




    金色のは
    シンクロです。
    トヨタの場合はシンクロの
    ストッパーの役割をしている部分が
    勢いに負けて
    変形して削れて行きます。

    これが
    進行すると低速でも
    シフトダウンが出来ず
    車両が止まる位にならないと
    ギアが落とせ無い感じになって
    行きます。



    こちらも一見は無事に見えますが…。


    よく見ると段付きしていて 削れると言うより
    押されて段付きになってます。

    部品の強度が足りないので WPCなど
    ショット加工の表面処理をしても…
    って感じです。







    こちらは新品

    チャンファーの部分はこんな感じに
    綺麗な形です。

    新品はそのままでは
    取り付けず
    リューターでチャンファーの部分を
    少し面取りして組みます。

    煮物の野菜を
    面取りするのと同じですかねー
    崩れにくい感じになるんですよね

    ギアの入りも新品よりも
    良くなりますよ。



    こちらは3速のシンクロ

    左手が後発の物です。
    溝が増えてますね

    そんな事より材質を
    なんとかして欲しいんですけどね…

    1速 2速を
    プレスで
    圧入して組んで行きます。


    圧入後は
    このように
    Cリングをハメるのですが

    このリングは厚みに
    種類があって
    部品を交換したり
    社外のクロスなどにすると

    厚みを測定して
    変更したりします。



    今回は変更なしで組めました。



    こちらのLSDに交換します。



    こちらはノーマルデフ。



    新品LSDに
    サイドベアリングを圧入して
    組みます。



    サイドベアリングは
    テーパーローラーなので
    シムで調整が必要です。





    DDという厚みのシム
    シムも何種類かありますので
    ケース合わせをして

    LSDを取り付けます。

    この
    ケース合わせは
    ドグミッションだったり
    ギアKITの交換だと 確認作業が大変なんです。

    ちゃんとなっていないと
    ドグやシーケンシャルでも
    ちゃんと動かないです。



    ケースを組んで
    5速と6速を
    圧入して組みたては終了です。

    クラッチ
    フライホイール
    レリーズベアリング
    を交換してミッションを搭載。

    試運転をしてみて
    やはり
    リンケージの調整が必要な感じでした


    縦 横と
    調整が出来ますので
    良い所があるので
    上手く合わせました。


    ちょっと
    長めに説明しましが
    実際はもっと沢山の事を
    より良くなるように考えながら
    作業しています。

    新品時は
    組み立て工場で1日に何機も
    組みたてるかと思いますが

    目指しているところは
    速く組み立てる事では無く
    より良くする為に
    作業をしています。

    今回のお客様は 初めて当店をご利用頂きました。
    沢山のショップの中から
    選んで頂きました。

    ありがとうございました。
    comments(0) | -

    Post a Comment






    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.